保険の見直しをしてみよう!

保険見直しのタイミング

社会人になったことをきっかけに、初めて生命保険に入るという人が多いと思いますが、その後の保険見直しについて、見直す必要性やタイミングがわからない、日々の忙しさに忘れているなど理由は様々ですが、年齢を重ねてライフスタイルが変化をしていくと、必然的に必要となる保険の内容も変わってきます。

1.結婚:結婚をして守るべき人が出来たら、まずは生命保険の見直しが必要です。 受取人の名義を妻に変更して、今後のライフスタイルを2人で想像しながら見直しを行いましょう。

2.出産:扶養する家族が増えた時も、生命保険の見直しが必要になります。 とくに、妻が専業主婦である場合は、夫の死亡後に生活が困窮をすることが予想されます。子供が小さいうちは、念のため妻も生命保険に加入をしておくと安心です。 また、子供の教育資金のために、学資保険の加入についても検討をしましょう。

3.マイホームの購入:住宅ローンを利用して家を購入した場合に、団体信用生命保険に加入しておくと、万が一のことがあった時に、残ったローンを保険金で支払うことが出来ます。 返済の必要がなくなる分、死亡保障を減額できる可能性があります。

4.離婚:子供がいれば受取人の名義を子供に変更したり、子供がいなければ生命保険よりも医療保険を充実する必要があります。

5.子供の独立:子供が経済的に独立をしたら、子供のためにかけていた保険を減額し、老後のために医療保険を充実させましょう。

6.転職・起業:自営業になった場合には、公的保障がなくなるので、死亡保障や医療保障を充実させる必要があります。また、転職をして給料が下がった場合に、保険料の支払いに無理がないか考える必要もあります。

7.保険の満期:忘れがちですが、保険を見直す絶好のタイミングです。 定期型の医療保険に加入をしている人は、終身型の医療保険やガン保険なども検討をしてみると良いでしょう。

保険の見直しは誰に相談をするのがベストなの?

人生の分岐点に立って「そろそろ保険を見直そうかな…。」と考えた時に迷うのが、相談をする相手ではないでしょうか? 資金計画のプロとして、中立な立場で保険の相談に乗ってくれるということで、最近ではファイナンシャルプランナーに相談をする人が増えているようですが、全てのファイナンシャルプランナ・・・

保険の見直しポイントとは?

最近では、保険会社に直接相談をする以外に、複数の会社の保険を取り扱っている総合窓口に相談に行く、ファイナンシャルプランナーに相談をする、インターネット上で相談をするなど、さまざまな方法で保険を検討することが出来ます。 しかし、相談が出来る場がたくさんあったとしても、保険を見直す本人が、見直しの方法を知らなければ・・・